科学・政策と社会ニュースクリップ

科学政策や科学コミュニケーション等の情報をクリップしていきます。

風向き変わる?頭脳流出をめぐる言説

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://www.kaseiken.org/活動/

※購読の登録、解除も上記サイトよりお願いします。こちらで代行はいたしませんので
※ご了承ください。
※以下でも随時情報を提供しています。
はてなブックマーク http://b.hatena.ne.jp/scicom/
twitter http://twitter.com/kaseikenorg
科学・政策と社会ニュースクリップ https://clip.kaseiken.info/
Yahoo!ニュース個人 https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/

★発行部数 2,513部(9月22日現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆  Science Communication News ◆◇◆
         No.939 2021年9月22日号 巻頭言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【巻頭言】
★風向き変わる?頭脳流出をめぐる言説
2021年9月15日〜9月22日
カセイケン代表 榎木英介

 風向きが変わっているように感じています。

「千人計画」だけを敵視する、読売新聞の世界観
https://www.newsweekjapan.jp/ishido/2021/09/post-19.php

 石戸諭さんの書評。読売新聞の取材班の本の問題点を指摘する論考です。必読。

 最近、中国に人材が流出する原因について、日本の研究の問題が背景にあるという論考が増えてきているように思います。

日本の頭脳流出問題「研究者の移籍を規制せよ」が的外れな理由
https://news.yahoo.co.jp/articles/226247f2582d1ac4f992c0fe49eb89e066af4c8d

世界大学ランキング、200位以内に「東大京大だけ」の惨状 中国から10校、韓国から6校がランクイン
https://news.yahoo.co.jp/articles/ec65150d48d03d656762169ec65bc6c365c7ffef

 ようやく…。こうした論考が広まる事は非常に良いことだと思います。

 先週お伝えした通り、在米中国人研究者が、中国の大学との関係を隠していたとして逮捕起訴されましたが、先ほど無罪判決を言い渡されました。

U.S. judge acquits researcher charged with hiding China ties
https://www.science.org/doi/abs/10.1126/science.acx9104

 これはアメリカの「チャイナイニシアチブ」に基づくものですが、アメリカ国内でも行き過ぎだという声が出てきています。

米政府、大学での中国スパイ探し停止を=スタンフォード大教職員
https://jp.reuters.com/article/usa-china-stanford-idJPKBN2G922U

 アメリカの動向は、中国に渡った日本人研究者叩きに大きな影響与えていましたが、そのアメリカが動き始めているわけですから、敵対的な論調は見直すべきだと思います。

コロナで制限、留学生入国が9割減…原則認めないのはG7で日本だけ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b128d1c64a28d7346c95eb492fe0a9c647c4fae0

 上記記事は読売新聞の記事です。

 読売新聞の本によれば、留学生の中にはスパイがいるので、対応を強化すべきと主張しています。留学生の入国が制限されている現在は、スパイ対策としては悪いことではないはずです。

 それでも読売新聞は、外国の人材の活用ができなくなると指摘しており、それは非常に真っ当なことではありますが、千人計画叩き記事、本の方向とは違います。

 どう考えればよいのでしょう。私は、読売新聞の中にも、良識派の人たちがいると思っています。

「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因
https://president.jp/articles/-/50046

 上記記事を書かれた、ジャーナリストの知野さんは元読売新聞の記者です。

分断が進む米国に見る科学リテラシー普及への道筋〜コロナ禍で科学をどう活かすか?~三井誠(前篇)
https://smartnews-smri.com/literacy/literacy-638/

分断が進む米国に見る科学リテラシー普及への道筋〜コロナ禍で科学をどう活かすか?~三井誠(後篇)
https://smartnews-smri.com/literacy/literacy-643/

 上記記事を書かれた三井記者は、読売新聞に所属しており、科学ジャーナリスト賞を受賞されたこともある優れた科学ジャーナリストです。科学技術の問題点をよくわかっている良識的な記者の皆さんの奮闘を心より期待しています。

先端素材、日本が攻勢
住友鉱山、EV半導体用参入 技術競争力なお優位
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75913450R20C21A9MM8000/

 私は侮日派、無知などと批判されているわけですが、日本が全てダメなどと言っているわけではありません。良い部分悪い部分を見極めて、効果的な対策を立てることが重要だと言っているのですが…。

 千人計画参加の日本人基礎研究者を叩く事は藁人形叩き。スケープゴートでしかありません。早くこうした無意味な状況から脱却してほしいと思います。

「空白」を共有する若者たち 斎藤環さんが案ずるコロナ世代の将来
https://www.asahi.com/articles/ASP9F5VLNP97UPQJ011.html

 二度と戻らない大切な時間をコロナで奪われてしまった若者達。将来にわたってケアしていく必要があるように思います。

‘Zero COVID’ countries seek exit strategies
https://www.science.org/doi/abs/10.1126/science.acx9099

 中国や台湾といったゼロコロナの国。日本もゼロコロナを目指すべきと言う声がありますが、長期的に持続可能か議論されています。

感染力の高いデルタ型の拡大、国境封鎖による経済的負担、封鎖疲れ、ワクチンの入手可能性の増加などにより、方程式は変わりつつあります。

SARS-like viruses may jump from animals to people hundreds of thousands of times a year
https://www.science.org/content/article/sars-viruses-may-jump-animals-people-hundreds-thousands-times-year

 私も本に書きましたが、野生生物と人間の接触が高まるにつれて、これからも「スピルオーバー」は続いていく可能性が高いです。

The fight to manufacture COVID vaccines in lower-income countries
https://www.nature.com/articles/d41586-021-02383-z

 国の所得によってワクチン接種率が大きく異なる現状。ワクチンの3回目接種が取りざたされている中、非常に重要な視点です。

総合科学技術・イノベーション会議 生命倫理専門調査会
『「ヒト胚の取扱いに関する基本的考え方」見直し等に係る報告(案)(第三次)』に対する意見の募集(パブリックコメント)について
https://www8.cao.go.jp/cstp/stmain/20210922.html

 10月21日まで。

科学技術政策担当大臣等政務三役と総合科学技術・イノベーション会議有識者議員との会合(令和3年度) > 議事次第 令和3年9月16日
https://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/yusikisha/20210916.html

1.ムーンショット型研究開発制度の新たな目標案について

30年後見据えた国の研究事業 災害減らす技術の実現など新目標 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210916/k10013262391000.html

社会変革目指す「ムーンショット研究開発」、風水害など新たに2目標…政府の有識者会議
https://www.yomiuri.co.jp/science/20210916-OYT1T50196/

防衛省、芸能人らインフルエンサー100人に接触計画 予算増狙い
https://www.asahi.com/articles/ASP9J5FV0P9HUTFK01J.html

 省庁が予算獲得のためにプロパガンダを行うと言うことに、若干の違和感を感じます。

次世代半導体に「中核拠点」…研究費総額100億円規模を目標、10年で集中的に投入
https://www.yomiuri.co.jp/science/20210917-OYT1T50122/

令和4年度 概算要求書
https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420955_00002.htm

特定分野に特異な才能のある児童生徒に対する学校における指導・支援の在り方等に関する有識者会議(第3回) 配付資料
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/169/siryo/mext_00002.html

科学技術に関する国民意識調査 -新型コロナウイルス感染症の ワクチン接種について-[DISCUSSION PAPER No.201]公表について
https://www.nistep.go.jp/archives/48458

対話を重視する「サイエンスアゴラ2021」をオンライン開催
科学技術イノベーションに対する社会からの要請を受け止める場に
https://www.jst.go.jp/pr/info/info1522/index.html

羽ばたく女性研究者賞(マリア・スクウォドフスカ=キュリー賞)の創設について
https://www.jst.go.jp/pr/info/info1521/index.html

キュリー博士の名を冠した女性研究者賞創設 JSTポーランド大使館
https://scienceportal.jst.go.jp/newsflash/20210921_n01/

キュリー博士に続け、女性研究者の賞を創設 ポーランド大使館も協力 https://www.asahi.com/articles/ASP9K5JSZP9KULBJ00M.html

東京港青海ふ頭におけるヒアリの確認について
https://www.env.go.jp/press/110021.html

研究学園都市つくばが掲げる「スーパーサイエンスシティ」とは?
市民が先端技術研究の成果を実感できるスマートシティ
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/66916

東北大が「学生評議員制度」 第1期に12人、国立大で初
https://news.yahoo.co.jp/articles/6de182fcda91d364d255ca82d1ae5caf95527f97

東北7大学が若手研究者支援、天文や脳科学でも交流
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD0913W0Z00C21A9000000/

来年度 富山大学が大改編/富山
https://news.yahoo.co.jp/articles/00dcba522160d5becae3e83aea0f1efa21ad2b1c

富山大、大学院・学部再編へ データ・SDGsに重点
企業にも選ばれる大学に
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75873740X10C21A9LB0000/

富山大、学部連携推進へ 定員変更や大学院再編 富山
https://www.asahi.com/articles/ASP9K71V4P9JPISC00D.html

日本学術会議と政府の科学技術行政-会員任命拒否問題の政治的文脈(広渡清吾)
特別寄稿/日本学術会議の会員任命拒否問題をめぐって
https://www.web-nippyo.jp/24505/

『月刊 経団連』 2021年9月号 特集
「ポストコロナの社会における科学技術イノベーションの役割」
http://www.keidanren.or.jp/journal/monthly/2021/09/

A COVID-19 publishing revolution? Not yet
https://www.sciencemag.org/doi/abs/10.1126/science.acx9043

Reproducibility: expect less of the scientific paper
https://www.nature.com/articles/d41586-021-02486-7

Australian funder backflips on controversial preprint ban
https://www.nature.com/articles/d41586-021-02533-3

 プレプリントを業績に含めることを禁止する規則が、研究者たちの反対にあい中止に。これは数年後日本でも問題になる可能性が高いですね。

【独自】横浜市・山中竹春市長の経歴詐称を示す"決定的証拠"を入手
https://sakisiru.jp/10265

 ビジティングフェローだったのにリサーチフェローと称していたと言う問題。やはり公職にある人は正直でいて欲しいなと思います。

順天堂大も受験料返還義務 不正入試「差別的」 東京地裁
https://news.yahoo.co.jp/articles/33a9b804640f6c17fb9779c3f5df2c6983469d78

論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed79f841129ef0dd4c4588751ad7ada66af0e1c1

 論文指導に肉体関係を要求すると言う許しがたいハラスメント。美術の世界にこうしたいびつな関係が広がっていると言うツイートなどを見かけます。一般的なアカデミックな問題とできるかはわかりませんが、しっかりと対策をして被害者を減らすことを考えていかなければなりません。

大学が格差を増幅、悪影響は勝者にも マイケル・サンデル教授の警告
https://www.asahi.com/articles/ASP924517P82ULFA021.html

火論:「死んでいい人なんて」=大治朋子 -
https://mainichi.jp/articles/20210921/ddm/002/070/028000c

 最近公正世界仮説が話題になっています。努力すればするほど報われると言う世界観。もちろんこれは悪いことでは無いのですが、反転させると、成功していないのは努力が足りない、と言う自己責任論になってしまいます。

 成功や失敗など運といった要素にも大きく左右されるのですから、成功しないのは自己責任だ、だから救済などいらない、という論は乱暴だと思います。

 残念ながらアカデミアで成功した人には、公正世界仮説を強烈に持っている人が多いようにも感じ、これが博士号取得者のキャリアパス多様化などに大きな影を投げようとしているように思います。

こうしてポスドクは職を失う
https://yoshiki-sato.blogspot.com/2021/09/blog-post_20.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
“Science Communication News”
[SciCom News] No.939 2021年9月22日号 巻頭言
【発行】一般社団法人科学・政策と社会研究室
【制作・編集】サイエンス・サポート・エージェンシー合同会社
【E-Mail】 office@kaseiken.org
【Web Site】 https://www.kaseiken.org/
Facebookhttp://www.facebook.com/kaseikenorg
メルマガの登録解除、イベント告知依頼などは以下のページからお願いします。
https://www.kaseiken.org/活動/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

研究者の「能力」をどう測る?

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://www.kaseiken.org/活動/

※購読の登録、解除も上記サイトよりお願いします。こちらで代行はいたしませんので
※ご了承ください。
※以下でも随時情報を提供しています。
はてなブックマーク http://b.hatena.ne.jp/scicom/
twitter http://twitter.com/kaseikenorg
科学・政策と社会ニュースクリップ https://clip.kaseiken.info/
Yahoo!ニュース個人 https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/

★発行部数 2,517部(9月15日現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆  Science Communication News ◆◇◆
         No.938 2021年9月15日号 巻頭言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【巻頭言】
★科学者の「能力」とは何か?
2021年9月8日〜9月15日
カセイケン代表 榎木英介

 カセイケン代表榎木のコメントが毎日新聞に掲載されました。9月15日の1面に掲載されていますが、ウェブでも一部読めます。

大学教授ら「研究スキル売買」 サイトに118人、能力偽装の恐れ
https://mainichi.jp/articles/20210911/k00/00m/040/093000c

大学教授ら「研究スキル売買」 サイトに118人、能力偽装の恐れ
https://news.yahoo.co.jp/articles/8019a485805ec23bb5109f7b245c61d836fef305

研究スキル売買 8万円で購入した私立大教員の不安と背景
https://mainichi.jp/articles/20210911/k00/00m/040/097000c

 本来ならば研究室内で行われていた論文や研究の指導が「外部化」しており、金銭の授受もあるというものです。

 この記事が出たのち、ウェブでは様々な意見が聞かれました。意見の「振れ幅」はかなり広い感じです。

 ゴーストオーサーシップだろう、という声もある一方で、論文校正や研究室内での指導などすでにあったわけで、何が悪いのか、という声も聞かれます。

A ghost author speaks up
https://www.science.org/doi/10.1126/science.acx9027

Don’t make early career researchers ‘ghost authors.’ Give us the credit we deserve
https://www.science.org/content/article/don-t-make-early-career-researchers-ghost-authors-give-us-credit-we-deserve

 ゴーストオーサーシップは近年大きな問題になっていますが、グレーゾーンでもあり、これは大いに議論すべきだと思いますし、簡単な問題ではないと思います。

 日本のみならず、今世界で研究者のスキル売買は広がっており、「ギグエコノミー」として肯定的な部分もあれば、論文代行のように問題化しているものもあります。

米国人大学生の論文をケニアで書く 論文代筆ビジネス、いまやグローバル産業に
https://globe.asahi.com/article/12813245

フリーランス科学者の台頭
https://www.editage.jp/insights/the-rise-of-the-freelance-scientist

 私のコメントである「能力偽装」が記事のタイトルにも使われていますが、問題は食品偽装と同じトレーサビリティだと思っています。

 研究室内での指導は、研究室のメンバーに聞けば分かるかもしれませんし、論文の謝辞等に掲載されることもあり、どの程度がその人の貢献か分からなくはありません。

 しかしそれを無記名で外部化してしまうと、誰がどこまでやったか分からなくなって、「能力偽装」が起きてしまいます。

 とはいえ、実は研究室内でどれくら自分でやったかというのも、これまで「偽装」されてきたのではないかとも思います。

 指導がほとんどなされない「放置、放牧研究室」と、学生はデータ出すだけで、あとは周りがやってしまう「ブロイラー研究室」があることは、かつてここでも書いたことがあったかと思います。

 放置放牧されて頑張って出した論文と、システマティックに「サクっと」出された論文が同じように評価され、「サクっと」書いて論文量産した人がポジションを得ていく、といったことはこれまであった訳です。

 採用後、「サクっと」業績を量産してきた研究者がさっぱり、ということもあったでしょう。

 この問題は、研究者の「能力」をどう評価すべきかという大きな問題を問うていると思います。しっかりと議論していく必要があるでしょう。

Why science needs strong mentors
https://www.nature.com/articles/d41586-021-02440-7

 放置放牧ラボにおける「メンター」とはなんでしょうか…。

コロナ専門家の五輪提言 科学的助言者の独立守って=原田啓之(くらし医療部)
https://mainichi.jp/articles/20210909/ddm/005/070/007000c

 かつてサイコムジャパンのメンバーであった旧知の流通経済大の尾内隆之教授や、科学技術社会論平川秀幸・大阪大教授のコメントあり。

 尾内教授は

政府は結論ありきで、結論に合う評価や助言だけを科学者に期待している

 平川教授は

日本は聞きたい専門家の声だけつまみぐいする政府の姿勢が問題だ。政府に都合の悪い助言も取り入れなければ、感染症対策を誤り国民は被害をこうむる

 と指摘。非常に重い課題です。結局それが日本学術会議潰しに繋がっているように思います。

日本学術会議の在り方に関する政策討議(第4回)
https://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/yusikisha/20210909_2.html

任命拒否につながる首相の「説明しない」体質 元会長が語る舞台裏
https://mainichi.jp/articles/20210908/k00/00m/010/101000c

行き過ぎた「煽り記事」から距離を、新型コロナ報道の読み方
https://www.technologyreview.jp/s/255358/how-to-navigate-covid-news-without-spiraling/

「医師の発言」で接種不安拡散、有料サロンで誤情報…[虚実のはざま]第4部 深まる断絶<3>
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210912-OYT1T50076/

温厚だった妻、陰謀論の動画にはまり「まるで別人に」…[虚実のはざま]第4部 深まる断絶<4>
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210914-OYT1T50051/

真偽不明の情報・陰謀論の拡散、どう対処?専門家に聞く…[虚実のはざま]第4部 深まる断絶<5>
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210915-OYT1T50039/

 報道の姿勢や陰謀論の問題は大きな課題です。なお、読売新聞の指摘はその通りなのですが、部署は違えど「千人計画」陰謀論をなんとかしていただけたら。

留学生帰国時、6割の大学が技術持ち出し禁止の注意喚起せず…リスク意識の低さ明らかに
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210914-OYT1T50334/

[あすへの考]【経済安全保障とインテリジェンス】先端技術は狙われている…前国家安全保障局長 北村滋氏 64
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210911-OYT1T50180/

 北村氏は千人計画に言及し、中国の大学で研究すると「たちまち」軍事転用されるとしています。

 読売新聞の報道は、「規制寄り」と言いますか、デュアルユースをきつめに取りすぎるのと、仮定であれこれ言っているのが気になります。

 本来ならばもっと注意すべき先端技術を持った企業の問題ではなく、叩きやすい大学や基礎研究者を狙うというのは、いわば「やってる感」とでも言いますか、ついでに日本学術会議を「イエス」としか言わない組織に改組するネタに使っているのかなとも思ったりします。

 その先にはデュアルユース研究をもっと大学でやってほしいという意図があると思いますが、大学ではなく管轄の研究所に予算と人員を配分するといったやり方はあるはずなので、どうも「やってる感」、保守層アピール感が漂います。

中国への技術流出「3ルートで取り組み」 井上科技相
https://www.sankei.com/article/20210913-LMZYT6IHAVJ7ZD572OL2JRRUK4/

 井上大臣は比較的バランスの取れた意見。評価します。

正義のミカタ
https://www.asahi.co.jp/mikata/archive/

 9月11日にカセイケン代表榎木が出演させていただき、「技術流出」についてお話ししました。技術流出というより、人材流出で「若手研究者の絶望」がその背景にあるという話をしました。

ノーベル賞候補を中国の大学がスカウト、「日本の頭脳」漏洩が止まらないワケ
https://www.excite.co.jp/news/article/Asageibiz_33211/
https://asagei.biz/excerpt/33211

 なんとアサヒ芸能が私の考えそのままの記事を掲載しています。今やタブロイド誌の方が「忖度」しない分正しいことを言えるということでしょうか。

中国へ行きます
https://note.com/shigekomura/n/nd79139237bef

 安定した職を持っている研究者も中国に。これは大きい…。

日本の科学者が中国に流出するのは「日本に原因がある」=中国報道
https://www.excite.co.jp/news/article/Searchina_1701998/

 こちらは中国の報道。

 よく勘違いされ叩かれるのですが、私は決して「親中」のために千人計画参加の若手研究者叩きに反対している訳ではありません。その点が誤解されたままなのは辛いです。

科学技術政策担当大臣等政務三役と総合科学技術・イノベーション会議有識者議員との会合(令和3年度) > 議事次第 令和3年9月2日
https://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/yusikisha/20210902.html

議題
1.女性研究者の活躍促進に向けた取組について

成績・所得不問。メルカリ山田氏創設の奨学金が女子中学生と保護者に伝えたいこと「理系を選ばないのはもったいない」
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6136b9fee4b05f53edab9921

Women less likely to win major research awards
https://www.nature.com/articles/d41586-021-02497-4

Q&A: ‘Well-behaved women rarely make history
https://www.scidev.net/global/role-models/qa-well-behaved-women-rarely-make-history/

 女性の活躍をめぐる動きです。

科学技術関係概算要求 全体で8%増の4兆4704億円 文科省は16%増額要求
https://sci-news.co.jp/topics/5306/

世界と肩を並べる研究大学へ、政府が10兆円ファンドで支援する「特定研究大学」制度とは?
https://newswitch.jp/p/28764

世界と伍する研究大学の実現に向けた制度改正等のための検討会議(第1回) 配布資料
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/065/siryo/000017833.html

 10兆円ファンドは「正義のミカタ」で共演した高橋洋一氏が関わったようです。このファンドでしっかりとお金を出すようにした、とおっしゃっていましたが、「毒饅頭」のように、改革を強要されないことを願います。

日大本部など捜索 病院建設めぐり大学関係者の背任容疑 特捜部
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210908/k10013249571000.html

日大理事が不正に2億円超流出か 病院工事巡る背任容疑
https://www.chunichi.co.jp/article/327243

日大の背任事件、大阪でも捜索 医療法人グループの関係先 東京地検
https://www.asahi.com/articles/ASP996F6NP99UTIL02K.html

大学や理事長宅、係官らが次々と:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75580250Y1A900C2CM0000/

下関市立大学、暴走する経営執行部を教授が提訴…内部混乱で学生にも不利益及ぶ
https://biz-journal.jp/2021/09/post_249816.html

 これは私立大学のガバナンスをめぐる事件です。国立大学における執行部の「暴走」が起きないことを願いますが…。

イノベーション・ジャパン2021~大学見本市 Online
JST研究開発戦略センター(CRDS)セミナー
「日本と世界の研究開発は今どうなっているのか? ~激動の科学技術動向と日本の活路~」
https://www.jst.go.jp/crds/sympo/20210823_IJ/index.html

セミナー動画配信期間 2021年8月31日(火)~9月17日(金)

「医薬品産業ビジョン2021」の策定について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_20785.html

Preprint advocates must also fight for research integrity
https://www.nature.com/articles/d41586-021-02481-y

5C 長崎大学の白楽ブログ盗用事件
https://haklak.com/page_kawai_plagiarism.html

 白楽さんのブログ記事のコピペが使われた問題。盗用なしとのこと。ちょっと甘すぎるのではないかと思いました。

大学生へのハラスメント 文科省、学内の第三者相談体制巡り初の調査
https://mainichi.jp/articles/20210907/k00/00m/040/165000c

 これは大学学部生の問題ではありますが、院生のハラスメントも問題です。

授業任すなら「直接雇用」に 大阪大の非常勤講師訴え 文科省も調査
https://www.asahi.com/articles/ASP995TRCP98PTIL031.html

 これは非常勤の是非ではなくて、労働者ではない業務委託契約にして責任回避しているというものです。非常勤講師が業務委託契約でなんの保証もないケースは最近問題になっています。

ペルー極左ゲリラの指導者死去 テロ繰り返し過去に日本人も犠牲に
https://news.yahoo.co.jp/articles/76cc703c017b835aeb63c7c74583e31d5a6fb9d3

 大学教授がゲリラに。「不遇」な知識人の暴走というのは、いつの時代も不安定化の要因ではあります。

学歴のない殺人犯の数学の能力が開花。刑務所内で超難問を解いてしまう
https://karapaia.com/archives/52305719.html

 映画「グッドウィルハンティング 旅立ち」を思わせます。

「食べていけない」 東京の難関大学で“博士号”を取った女性が、いまも派遣社員を続ける現状
https://urbanlife.tokyo/post/66599/

 博士号取得者の苦境。

 最近博士号取得者の苦境を訴えるときに、「東大を出たのに不遇」とか、「こんなに役に立つ人を不遇にしておくのはもったいない」、あるいは「不遇なエリートはゲリラや革命家になる」といったことをいうことの問題点と限界を強く感じています。

 確かに私自身も「博士漂流時代」でそのように述べた訳ですが、博士の苦悩の一部は「エリートの苦悩」でもあります。

 社会の様々な立場で苦しむ方々と連携するためにはどうすれば良いのか。

 能力主義を打ち出しすぎるると「能力がない人」「頑張っていない、頑張ることができない状況の人」を切り捨てることになります。

 どんな立場の人でも幸せに生きる権利はあり、その中で博士号取得者もその権利を行使したい、という形の連携が模索できないかと思っています。

 まあ、前から思い続けていることで、だからこそ18年前にNPO法人を立ち上げるとき、研究者の利益団体にはしなかった訳ですが。

Afghanistan: conflict risks local and global health
https://www.nature.com/articles/d41586-021-02468-9

 タリバン政権の方向性が見えてきましたが…。

大望遠鏡TMT計画、許可が無効に 第2候補地スペインの裁判所
https://www.asahi.com/articles/ASP9946BHP97ULBJ00S.html

イグ・ノーベル賞公式サイト
https://www.improbable.com/

「歩きスマホ」は通行の流れをどう乱すのか…日本チームがイグ・ノーベル賞受賞
https://www.yomiuri.co.jp/science/20210910-OYT1T50056/

歩行者同士がぶつかる原因は? 日本の研究グループにイグ・ノーベル賞
https://scienceportal.jst.go.jp/newsflash/20210914_n01/

イグ・ノーベル賞 日本人15年連続受賞 「歩行者なぜ衝突」研究
https://www.sankei.com/article/20210910-YLBNL3DYJBK3NNTQCBUGDVCHF4/

WINNERS OF THE 2022 BREAKTHROUGH PRIZES IN LIFE SCIENCES, FUNDAMENTAL PHYSICS AND MATHEMATICS ANNOUNCED
https://breakthroughprize.org/News/65

COVID advances win US$3-million Breakthrough prizes
https://www.nature.com/articles/d41586-021-02449-y

ブレークスルー賞に日本人2人 京大の望月氏、東大の香取氏
https://mainichi.jp/articles/20210910/k00/00m/040/094000c

ブレークスルー賞に望月京大教授と香取東大教授
https://www.sankei.com/article/20210909-36J34VGU3ZKHVJ2CFIB64HJNYI/

 大きな賞に日本人。素晴らしいですが、日本スゴイに済ませてはいけませんよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
“Science Communication News”
[SciCom News] No.938 2021年9月15日号 巻頭言
【発行】一般社団法人科学・政策と社会研究室
【制作・編集】サイエンス・サポート・エージェンシー合同会社
【E-Mail】 office@kaseiken.org
【Web Site】 https://www.kaseiken.org/
Facebookhttp://www.facebook.com/kaseikenorg
メルマガの登録解除、イベント告知依頼などは以下のページからお願いします。
https://www.kaseiken.org/活動/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人材移動のプッシュとプル

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://www.kaseiken.org/活動/

※購読の登録、解除も上記サイトよりお願いします。こちらで代行はいたしませんので
※ご了承ください。
※以下でも随時情報を提供しています。
はてなブックマーク http://b.hatena.ne.jp/scicom/
twitter http://twitter.com/kaseikenorg
科学・政策と社会ニュースクリップ https://clip.kaseiken.info/
Yahoo!ニュース個人 https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/

★発行部数 2,519部(9月8日現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆  Science Communication News ◆◇◆
         No.937 2021年9月8日号 巻頭言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【巻頭言】
★人材移動のプッシュとプル
2021年9月1日〜9月8日
カセイケン代表 榎木英介

 大きなニュースが飛び込んできました。

 ノーベル賞候補とも目される藤嶋昭博士が研究室ごと中国へ移籍することが明らかになったのです。

ノーベル賞候補、中国の大学で研究活動へ 「光触媒」発見の藤嶋昭
https://www.asahi.com/articles/ASP937H9VP93UHBI00T.html

光触媒「発見者」藤嶋昭氏と研究チーム、中国・上海理工大に移籍 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20210902/k00/00m/040/261000c

ノーベル賞候補、中国の大学で研究活動へ 「光触媒」発見の藤嶋昭
https://www.asahi.com/articles/ASP937H9VP93UHBI00T.html

光触媒の父」藤嶋昭氏とその研究チームが上海理工大学に移籍
https://www.afpbb.com/articles/-/3364735

ノーベル賞候補が中国の大学に移籍 日本の「頭脳」流出危機か
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac037529268bad6574b6bc23a037c3c7ff408e1b

ノーベル賞候補が中国で研究
日本の「頭脳」流出懸念
https://nordot.app/806441109879144448

 藤嶋博士と言えば、クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞
https://clarivate.jp/citation-laureates

 を2012年に受賞されています。

“For the discovery of photocatalytic properties of titanium dioxide (the Honda-Fujishima Effect)(本多・藤嶋効果(酸化チタンの光触媒反応)の発見)“

 この引用栄誉賞からは複数のノーベル賞受賞者が出ており、ノーベル化学賞の有力候補であるのは間違いありません。

 キャリアの後半での大型移籍と言えば、全く分野は異なりますが、Jリーグ創設期にブラジルのジーコ氏が移籍したことを思い出します。

 ワールドカップにも出た著名選手が40歳というキャリアのピークを超えて日本に来たわけですが、選手としてよりは(もちろん選手としても凄かったですが)サッカー大国ブラジルから有形無形様々なものを取り入れようとしたことだと思います。

 ジーコの移籍で、ブラジルから現役の代表選手が日本にやってくることにもつながりました。

 藤嶋博士は、教え子が中国で有力者になり、いわば恩返しとして招聘したと同時に、藤嶋氏が研究室を持つことで、若手にチャンスを与えようという意味もあったようです。

 79歳の藤嶋氏自身を失ったことより、若手が国外流出したという方が「重い」問題かもしれません。

中国、「車人材」厚待遇で招く 日本人技術者が流出:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM179620X10C21A8000000/

 中国への人材流出はもう数十年続いており、全く新しい話ではありません。研究者もさることながら、技術者流出は深刻でした。

https://twitter.com/enodon/status/1435592903338823686?s=21

 日本のリストラなどもあり、多くの技術者が流出しました。

 国内に活躍のない技術者が外国に活路を求めたわけです。

 研究者の場合は若干異なり、中国からアメリカなどに大量の人材が流出したため、中国国内に呼び戻す、いわゆる「海亀計画」を実施した結果もあり、中国がいわゆる「研究力」を高めているのは周知の事実です。

THE世界大学ランキング 東大が過去最高の35位タイ、京大は61位
http://between.shinken-ad.co.jp/univ/2021/09/THE.html

世界大学ランキング、東大は35位 200位以内に日本は2校のみ
https://www.asahi.com/articles/ASP922Q6DP92ULFA001.html

 日本の研究者の中には、中国へ活路を見出す人たちが現れ始めました。研究先進国であり、ポストも金もある国に人材が流出するのは、世界の流れであり、いわゆる「ブレインドレイン」として、数十年来各国の課題となっています。アフリカやかつての中国はこれに苦しめられたわけです。

 藤嶋博士の移籍は、そういう意味で昨今話題の若手研究者の流出問題とは構造が異なるわけですが、それでも人材の移動という意味では共通しています。

「稼げる大学」改革とノーベル賞候補の中国移籍(9月6日追記あり
https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20210904-00256489

 私がYahoo!ニュース個人に書いた記事ですが、改革、改革で疲弊する現場から脱出する人は今後も増えるでしょう。

 人材の移動は、プッシュとプルで起こります。職がない、研究に集中できないという、背中を押す要因がプッシュ、人材を引き抜くのがプルです。

 中国が軍事技術獲得のため日本から人材を引き抜いているというプル要因ばかり語っては、本質を見誤ると、何度も言っているのですが、まだまだ浸透しません。

 では、プッシュ要因を減らすにはどうすれば良いでしょうか。

次世代研究者挑戦的研究プログラムにおける新規プロジェクトの決定について
https://www.jst.go.jp/pr/info/info1519/index.html

「次世代研究者挑戦的研究プログラム」って何?学振との違いは?博士課程に進めばお金貰えるって本当?調べてみました!
https://magazine.tayo.jp/2021/09/07/%e3%80%8c%e6%ac%a1%e4%b8%96%e4%bb%a3%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%80%85%e6%8c%91%e6%88%a6%e7%9a%84%e7%a0%94%e7%a9%b6%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%80%8d%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%ef%bc%9f/

 若手研究者にお金とポスト、時間を与え、活躍してもらおうという「次世代研究者挑戦的研究プログラム」の採択期間が決まりました。

 色々な大学の関係者が、「弊学」(私は自分の所属機関を弊学などというのはどうも苦手なのですが、それはともかく)は採択されました、とツイートしていました。

 こうした若手研究者に活躍してもらう施策は重要です。

 ただ、これとて期間は決まっており、活躍できなかった場合でも、職を失い露頭に迷うようなことがないような取り組みも必要だと思っています。

 社会情勢が厳しい昨今、本来は高学歴で、様々なスキルを持つ「強者」でもある博士号取得者に職を「あてがう」といった施策が支持を集めるとは思えません。

 だからこそ、私たちも含め、NPOや学術団体が地道に取り組むことも必要です。

 私があとがきを書き、増刷が決定した岩波書店の「アカデミアを離れてみたら 博士、道なき道をゆく」
https://www.iwanami.co.jp/book/b587780.html

 は、ロールモデルの提供から、状況を変えようとする取り組みの一つです。

 藤嶋博士の移籍でも、「売国奴」「暗殺する」という刺々しい言葉が飛び交いました。

 中国への移籍は売国奴アメリカ等への移籍は「海外で活躍」と真逆の対応を見せる人材の移動。感情論ではない冷静な目を持ち続けることが重要です。

 ところで、菅総理自民党総裁選に出馬しないことが明らかになり、色々な動きが生じています。

 日本学術会議会員の任命拒否問題は積み残された問題です。

「専門家軽視、コロナ対応のまずさに」 任命拒否の教授が見た菅政権
https://www.asahi.com/articles/ASP935Q10P93UTIL021.html

菅政権「学術軽視でコロナ対策に失敗」 任命拒否の学者ら
https://mainichi.jp/articles/20210903/k00/00m/040/245000c

説明不足、学術軽視…菅首相のつまずきの元になった学術会議問題
https://mainichi.jp/articles/20210905/k00/00m/010/149000c

 この問題に社会の関心が集まらず、「反エリート感情」から菅首相を支持する声すら多いことは、直視すべき問題です。

 次期首相が誰になるのかは分かりませんが、昨日岸田文雄議員が政策を発表しました。

「成長と分配の好循環」による新たな日本型資本主義〜新自由主義からの転換〜
https://kishida.gr.jp/activity/7727

科学技術&イノベーションをど真ん中に
10兆円ファンドの年度内設立による世界に伍する研究環境の実現、若手研究人材への支援強化。
各省の政策立案に科学技術の視点を反映するため、各省に科学技術顧問を設置するとともに、総理直属の首席科学技術顧問を設置。
半導体、AI、量子、バイオ等先端科学技術での研究開発税制・投資減税の強化。
ワクチンや医薬品の国内開発・生産体制の強化。

https://kishida.gr.jp/wp-content/uploads/2021/09/20210908-02.pdf

 科学技術政策が議論されるのは良いことだと思っています。

科学技術関係予算 令和4年度概算要求について
https://www8.cao.go.jp/cstp/budget/r4gaisan.pdf

大学ファクトブック2021-「組織」対「組織」の本格的産学連携の拡大に向けて-
https://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/sangaku/mext_00001.html

世界と伍する研究大学の実現に向けた制度改正等のための検討会議(第1回)
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/065/mext_00940.html

第37回(令和3年)国際生物学賞の受賞者決定
ティモシー・ダグラス・ホワイト博士
(カリフォルニア大学バークレー校統合生物学教授)
https://www.jsps.go.jp/j-biol/37_awardee.html

ラミダス猿人研究に国際生物学賞 米カリフォルニア大教授に
https://www.chunichi.co.jp/article/322317

第6次エネルギー基本計画策定に向けて御意見を募集します
https://www.meti.go.jp/press/2021/09/20210903003/20210903003.html

デジタル産業の創出に向けた研究会の報告書『DXレポート2.1(DXレポート2追補版)』を取りまとめました
https://www.meti.go.jp/press/2021/08/20210831005/20210831005.html

地球温暖化対策計画(案)」「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(案)」「日本のNDC(国が決定する貢献)(案)」「政府がその事務及び事業に関し温室効果ガスの排出の削減等のため実行すべき措置について定める計画(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)
https://www.env.go.jp/press/109931.html

新型コロナウイルス感染症対応が研究生産性に与える影響等に関する調査-博士人材データベース(JGRAD)におけるウェブアンケート調査- [調査資料-313]の公表について
https://www.nistep.go.jp/archives/48312

医学部法医学教室における経費不正使用に関する中間報告について
https://www.kindai.ac.jp/news-pr/important/2021/08/033454.html

元教授さらに不正5400万円か 近畿大調査委が報告書
https://www.asahi.com/articles/ASP8075J9P80PTIL017.html

 古巣の近畿大学。金額がどんどん増えています。本当に残念です。

製薬会社から3年連続1000万円超66人、計5000万円超は19人/製薬マネーデータベース2018公開
https://tansajp.org/investigativejournal/8400/

本庶佑氏「利益に見合う対価を」 オプジーボ特許訴訟で尋問
https://www.chunichi.co.jp/article/322952

 朝日新聞がハラスメント特集をしています。

研究人生狂わすハラスメント 理不尽な上司と闘うために必要なことは
https://www.asahi.com/articles/ASP935W3MP92PLBJ002.html

アカハラ「理系のひどさは圧倒的」 上野千鶴子さんが語るリケジョ
https://www.asahi.com/articles/ASP855TKNP82PLBJ009.html

夕食後、教授に突然抱きつかれた女性研究者…終わらないハラスメント https://www.asahi.com/articles/ASP854R4GP7WULBJ008.html

教授が送った叱責の全員メール うつ病になり、おねしょした女子学生
https://www.asahi.com/articles/ASP855QCBP7WULBJ01H.html

産休申し出た途端「辞めて」 女性研究者が実験台を殴って耐えたのは https://www.asahi.com/articles/ASP855HX2P7MULBJ007.html

「キスするのか」大声で聞かれた女性教員 私は普通に研究したいだけ https://www.asahi.com/articles/ASP855R9DP7VULBJ01N.html

Are women researchers shortchanged on authorship? New study highlights gender disparities
https://www.science.org/content/article/are-women-researchers-shortchanged-authorship-new-study-highlights-gender-disparities

 デジタル庁船出。

菅総理は第1回デジタル社会推進会議を開催しました
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202109/06digital.html

菅総理はオンラインで開催されたデジタル庁発足式に出席し訓示を行いました
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202109/01kunji.html

菅総理はデジタル大臣の辞令交付等を行いました
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202109/01jirei_kofu.html

デジタル庁設置法の施行及びデジタル庁の発足について
https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/202109/1_a.html

日本のデジタル化、なぜ遅れた 司令塔誕生に「明治維新級」期待も
http://www.asahi.com/articles/ASP916G9VP91ULFA01W.html

「全ての行政手続きスマホ60秒」なるか デジタル庁、混乱の船出
http://www.asahi.com/articles/ASP916G44P91ULFA01V.html

政治資金収支報告書のオンライン提出を 弁護士らがデジタル庁に要望
http://www.asahi.com/articles/ASP915R1CP91PTIL016.html

在野に学問あり 第6回 読書猿さん
https://www.iwanamishinsho80.com/post/zaiya6

 知的営為はアカデミックな研究だけではない、という読書猿氏の意見に勇気づけられました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
“Science Communication News”
[SciCom News] No.937 2021年9月8日号 巻頭言
【発行】一般社団法人科学・政策と社会研究室
【制作・編集】サイエンス・サポート・エージェンシー合同会社
【E-Mail】 office@kaseiken.org
【Web Site】 https://www.kaseiken.org/
Facebookhttp://www.facebook.com/kaseikenorg
メルマガの登録解除、イベント告知依頼などは以下のページからお願いします。
https://www.kaseiken.org/活動/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

研究者棄民

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を
ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
http://www.kaseiken.org/活動/

※購読の登録、解除も上記サイトよりお願いします。こちらで代行はいたしませんので
※ご了承ください。
※以下でも随時情報を提供しています。
はてなブックマーク http://b.hatena.ne.jp/scicom/
twitter http://twitter.com/kaseikenorg
科学・政策と社会ニュースクリップ https://clip.kaseiken.info/
Yahoo!ニュース個人 https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/

★発行部数 2,524部(9月1日現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆  Science Communication News ◆◇◆
         No.936 2021年9月1日号 巻頭言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【巻頭言】
★研究者棄民
2021年8月26日〜9月1日
カセイケン代表 榎木英介

 新型コロナウイルスの感染拡大第5波はようやく収束の気配を見せているようですが、まだまだ楽観視できません。

 こんな中「空気感染」をめぐる動きがありました。

最新の知見に基づいたコロナ感染症対策を求める科学者の緊急声明
http://web.tohoku.ac.jp/hondou/stat/

「コロナは空気感染が主たる経路」 研究者らが対策提言
https://www.asahi.com/articles/ASP8W6KSKP8WULBJ00H.html

「新型コロナから空気感染の定義を根本的に見直すべき」と専門家が提言
https://gigazine.net/news/20210830-sars-cov-2-airborne-transmission/

 Science誌に出た総説は大きな反響を呼びました。

「新型コロナから空気感染の定義を根本的に見直すべき」と専門家が提言
https://gigazine.net/news/20210830-sars-cov-2-airborne-transmission/

気道に感染するウイルスの空気感染について
https://minerva-clinic.or.jp/covid-19/about-infectivity/airborn-transmission/

 「空気感染」の定義の細かい議論には立ち入りませんが、感染対策に現在の知見を生かして欲しいなと思います。私も「窓開け」推奨の文章を書いたことがありますが、SARSの時のベトナムの知見を思い出したいところです。

窓を開けて世界を救おう!新型コロナウイルス集団感染を防ぐシンプルな方法
https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20200324-00169351

ベトナムでのSARSの状況
http://idsc.nih.go.jp/iasr/24/284/dj2847.html

コロナ起源、米情報機関の調査で結論出ず
https://news.yahoo.co.jp/articles/82347533dafb2cfc8f1d013833a12697c96366d2

コロナ発生源 動物感染か研究所流出か 結論に至らず 米報告書
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210828/k10013228541000.html

US COVID origins report: researchers pleased with scientific approach
https://www.nature.com/articles/d41586-021-02366-0

New WHO group aims to improve efforts to find pathogen origins
https://www.sciencemag.org/news/2021/08/new-who-group-aims-improve-efforts-find-pathogen-origins

 Twitter上で、新型コロナの武漢研究所流出について触れないのは異常などと罵られていますが、メルマガ読者の皆様ならお分かりの通り、情報は収集しています。

 起源に関する情報は随時収集していきます。

菅総理は第56回総合科学技術・イノベーション会議を開催しました
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202108/26kagaku.html

世界と伍する研究大学の在り方について(中間取りまとめ)(PDF形式:427KB)
https://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihui056/siryo2.pdf

 報道で「稼げる大学」と見出しに書かれたので議論沸騰しました。

「稼げる大学」へ外部の知恵導入 意思決定機関設置、来年法改正
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021082601191&g=pol

 大学のガバナンス等に課題があるのは事実ですし、中間取りまとめが全て問題ありとは言いませんが、選択と集中等の問題が解決されるわけではない点は注意が必要です。

東大ネコ研究への寄付、1カ月で1億7千万円突破
https://www.asahi.com/articles/ASP8T54F0P8TPLBJ00K.html

 研究資金獲得が可愛さコンテストのようなものになってはいけません。

夕食後、教授に突然抱きつかれた女性研究者…終わらないハラスメント
https://www.asahi.com/articles/ASP854R4GP7WULBJ008.html

研究者の差別やハラスメントを許さない
https://www.swissinfo.ch/jpn/sci-tech/%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E5%B7%AE%E5%88%A5%E3%82%84%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%92%E8%A8%B1%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%84/46900292

 私も選択と集中をやめて幅広い研究投資を、と言いながら引っ掛かりがあるのは、大学や研究機関のハラスメント、研究不正に対する取り組みが及び腰な点です。

 私のような在野の人間が、ハラスメントを行う体質を残したままの大学を無条件に肯定はできません。

 苦しみながら、内部の自浄作用に期待しながら、研究者たちの自由な発想こそ未来の社会のために必要と思っているのです。

予算要求総額、110兆円超 22年度、4年連続最大
https://www.chunichi.co.jp/article/317931

令和4年度文部科学省 概算要求等の発表資料一覧(8月)
https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420668_00003.htm

 概算要求です。しっかり見ていきたいと思います。

軍民利用の先端技術、実用化へ100億円規模を概算要求
https://news.yahoo.co.jp/articles/47d1e3a8f186b81014e7d8745e205063c7e4562f

 デュアルユースの問題ですが、読売新聞はどうも厳し目に取りすぎており、基礎研究含めなんでも軍事につながると述べ、中国に渡った若手研究者などを敵視しています。

中国国家プロジェクトに「日本人44人」の重大懸念
https://toyokeizai.net/articles/-/450488

 それはたとえ鉛筆一本でも人を刺す道具になるわけで、あらゆるものが軍事につながるといえばそうなるわけですが、切り分けて考える必要があります。

 その辺りの線引きが厳しすぎると研究を阻害します。それはアメリカもわかっています。

米国、中国人留学生8万5000人にビザ発給 5月以降
https://news.yahoo.co.jp/articles/7fbf75920e00fe8453e6b6d7f0ec898456d371d8

 そういうリアルな議論ができず、極論に走り、憎悪を煽る…。日本の悪い部分だと思います。それを大手新聞が率先して行なっており、そのため、若手研究者への脅迫が起きています。

中国人留学生がコロナ後に爆増しそうな理由、日本の大学は「安くてお得」
https://diamond.jp/articles/-/280212

 私は、日本の利点、欠点を整理して考えよう、極論はやめよう、と主張していますが、侮日派と言われてしまいます。人はなかなか自らの負の側面を見られません。それは私たち誰にでもあることではありますが…。

 そろそろデュアルユースの専門家の方々に発言していただきたいと願っています。

 中国に渡った天文学者は「技術流出」をするのか。どこまでよくてどこまではダメなのか。

 読売新聞や右派政治家の本音は、日本学術会議の解体であり、それは大学にデュアルユース研究をもっとやれ、ということなのだろうと思いますが、その副作用で若手研究者が切り捨てられ、見捨てられています。

 まさに「棄民」です。

 日本学術会議もぜひ、自らへの攻撃のとばっちりを受けている中国の若手基礎科学研究者を守っていただけたら…。難しいでしょうか…。

日本をダメにしている縦型社会を打破せよ
https://webronza.asahi.com/science/articles/2021082900001.html

 黒川清氏。黒川氏は若手研究者が海外に行かなくなっていることを甘えだと嘆いていますが、海外というのはアメリカでしかないようで、中国に渡った研究者たちに言及はありません。

 精神論は重要ではありますが、精神論だけで問題は解決しません。

学校基本調査-令和3年度(速報) 結果の概要-
https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa01/kihon/kekka/k_detail/1419591_00005.htm

 恒例の重要調査。

大学の女性数、最多を更新 今年度の学部生と教員
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75233200Y1A820C2CE0000/

大学の女性数、最多を更新 学部生と教員、文科省調査
https://www.chunichi.co.jp/article/319341

特定分野に特異な才能のある児童生徒に対する学校における指導・支援の在り方等に関する有識者会議としてのアンケートの実施について
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/169/mext_00924.html

特定分野に特異な才能のある児童生徒に対する学校における指導・支援の在り方等に関する有識者会議(第1回)議事録
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/169/gijiroku/mext_00926.html

天才キッズが集う「孫正義育英財団」に潜入!数学に夢中な中1は、家庭でどう開花したのか?
https://blogos.com/article/556721/

ギフテッドの才能や困難事例教えて 文科省がアンケート
https://www.asahi.com/articles/ASP8V65GXP8VUTIL02J.html

「他人と違う」を大切に 「ギフテッド教育」受けた社長
https://www.asahi.com/articles/ASP8L55H3P8BUTIL00X.html

 ギフテッドの才能をどう活かすか、「出る杭が打たれる」傾向の強い日本にとって極めて重要です。

シチズンサイエンスの社会実装
-B&Cスタイルへの拡大-
https://www.nistep.go.jp/activities/sti-horizon%e8%aa%8c/vol-07no-03/stih00262

今、求められる総合知とは≪佐倉統さんインタビュー≫<特集 令和3年版科学技術・イノベーション白書>
https://scienceportal.jst.go.jp/gateway/sciencewindow/20210901_w01/

「令和2年地球温暖化影響調査レポート」の公表について
https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/kankyo/210827.html

東京港大井ふ頭におけるヒアリの確認について
https://www.env.go.jp/press/109955.html

大井ふ頭で強い毒持つヒアリ 女王アリ1匹含め約500匹見つかる https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210830/k10013232551000.html

大阪港におけるヒアリの確認について
https://www.env.go.jp/press/109953.html

 ヒアリに関心を。

気候変動適応計画(骨子案)に対する意見募集(パブリックコメント)について
https://www.env.go.jp/press/109932.html

日本科学未来館新館長、全盲IBMフェロー浅川智恵子さんが記者会見
https://webronza.asahi.com/science/articles/2021082600008.html

日本科学未来館の浅川智恵子新館長 「未来の風景をいち早く」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210825/k10013223431000.html

日本科学未来館、新館長に浅川さん 「つながれる場に」
https://www.asahi.com/articles/ASP8V3DG3P8TULBJ00L.html

「利用しやすさ、世界の模範に」日本科学未来館の浅川新館長が会見で抱負
https://scienceportal.jst.go.jp/newsflash/20210826_n01/

 これからの未来館に期待します。

京都から分野横断した研究の学術誌創刊へ 4月の発刊に向け投稿者募る
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe999a6792d1d565bfbdbabd484e2ea79b8ab11b

 京都大学の宮野さん。動いています。

大学のフリーアドレス化で「研究に支障」 教員ら提訴へ
https://www.asahi.com/articles/ASP8Y5VDWP8WTIPE00R.html

機械による殺人は許されるか――「AI兵器」規制をめぐる国際論争の現状と展望
https://www.fsight.jp/articles/-/48210

Afghanistan’s terrified scientists predict huge research losses
https://www.nature.com/articles/d41586-021-02353-5

Afghan scholars despair after Taliban’s takeover
https://www.science.org/doi/10.1126/science.acx8944

 アメリカ軍の撤回完了。これからのアフガニスタンの高等教育や研究がどうなるのか気になります。

「理系いいよね!」流れ作る 財団設立 高校進学に奨学金
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75175650X20C21A8TY5000/

90年代以降に急増した博士号取得者に、活躍の場はあるか?
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/08/90-24_1.php

日本育ちの外国人学生、才能が埋没 大学入試で蚊帳の外
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE0576B0V00C21A7000000/

来日外国人の子に進学の壁 大学入試枠、国立は1校のみ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE254B70V20C21A6000000/

 ここにも見捨てられた人たちが。

Amid pandemic disruptions, grad students push to unionize
https://www.sciencemag.org/news/2021/08/amid-pandemic-disruptions-grad-students-push-unionize

 大学院生が組合を作る動き。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
“Science Communication News”
[SciCom News] No.936 2021年9月1日号 巻頭言
【発行】一般社団法人科学・政策と社会研究室
【制作・編集】サイエンス・サポート・エージェンシー合同会社
【E-Mail】 office@kaseiken.org
【Web Site】 https://www.kaseiken.org/
Facebookhttp://www.facebook.com/kaseikenorg
メルマガの登録解除、イベント告知依頼などは以下のページからお願いします。
https://www.kaseiken.org/活動/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━