科学・政策と社会ニュースクリップ

科学政策や科学コミュニケーション等の情報をクリップしていきます。

ポスドク問題

「欠如モデル」と「認知バイアス」

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。 ※詳しくは以下のサイトをごらんください。 http://www.kaseiken.org/活動/※購読の登録、解除も上記サイトよりお…

中国との向き合い方

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。 ※詳しくは以下のサイトをごらんください。 http://www.kaseiken.org/活動/※購読の登録、解除も上記サイトよりお…

第6期計画と「毒まんじゅう」

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。 ※詳しくは以下のサイトをごらんください。 http://www.kaseiken.org/活動/※購読の登録、解除も上記サイトよりお…

カルトと高学歴者

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。 ※詳しくは以下のサイトをごらんください。 http://www.kaseiken.org/活動/※購読の登録、解除も上記サイトよりお…

「千人計画」叩きの欺瞞

※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。 ※詳しくは以下のサイトをごらんください。 http://www.kaseiken.org/活動/※購読の登録、解除も上記サイトよりお…

【ひとこと編集後記】財政制度等審議会「財政健全化に向けた基本的考え方」にてポスドク問題取り上げられる

STAP細胞関連は別項にまとめています。★財政健全化に向けた基本的考え方(平成26年5月30日) https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/report/zaiseia260530/index.htm財政制度等審議会が5月30日に発表した資…

それでもあえて言う。安易に生命科学者を目指してはいけない

理研発生再生研の研究者らの発表は、世界を驚かせました。体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見−細胞外刺激による細胞ストレスが高効率に万能細胞を誘導− 細胞外からの強いストレスが多能性幹細胞を生み出す 私もかつて、浅島誠博士の研究室…

研究開発力強化法改正に関する院内集会発表資料。

本日、「研究者を10年で使い捨て」で本当に研究開発力はUPするのか?〜ストップ! 「研究開発力強化法改正案」 緊急集会〜 呼びかけ人(団体):東京地区大学教職員組合協議会議長・荒井竜一 首都圏大学非常勤講師組合委員長・松村比奈子 関西圏大学非常勤講師…

ポスドクの最新データ

- 【ひとこと編集後記】 - ■433号に掲載できなかった外国ニュースをお届けします。科学技術政策研究所からポストドクター等の雇用・進路に関する調査 −大学 ・ 公的研究機関への全数調査 (2009 年度実績)− http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/mat202j…

「博士漂流時代」が科学ジャーナリスト賞を受賞

(再追記) 日本科学技術ジャーナリスト会議のページに掲載されました。 科学ジャーナリスト賞2011 の受賞者が決定! 【科学ジャーナリスト大賞】 日本放送協会広島放送局 チーフプロデューサー 春原(すのはら)雄策 殿 同 ディレクター 松木 秀文 殿 『封…

野村総合研究所 真・成長戦略としての科学技術系博士人材の育成

以下の資料が公表されました。野村総合研究所 「NRIパブリックマネジメントレビュー」 2011年3月号真・成長戦略としての科学技術系博士人材の育成 社会システムコンサルティング部 佐藤 将史 社会システムコンサルティング部 岩瀬 健太博士と社会のミスマッ…

博士漂流時代で言いたかったこと

すでにお伝えしてきているが、2010年11月16日、ディスカヴァー・トゥエンティワンより「博士漂流時代」を上梓した。博士漂流時代 「余った博士」はどうなるか? (DISCOVERサイエンス)作者: 榎木英介出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン発売日…

博士漂流時代 「余った博士」はどうなるか?発売

博士漂流時代 「余った博士」はどうなるか? (DISCOVERサイエンス)作者: 榎木英介出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン発売日: 2010/11/16メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 20人 クリック: 307回この商品を含むブログ (52件) を見る2010…

大卒就職とポスドク就職、解決への道筋

ノーベル経済学賞に、マサチューセッツ工科大のピーター・ダイヤモンド教授ら3名が選ばれた。 http://nobelprize.org/nobel_prizes/economics/laureates/2010/ 授賞理由は「for their analysis of markets with search frictions」 報道などによれば、ダイヤ…

ポスドクの就職が難しい理由

2010年10月15日、日本海洋学会教育問題研究会主催のシンポジウム、「海洋科学の大学院教育は企業の即戦力たりえるか?」にてお話をさせていただいた。以下発表内容。101015 海洋学会 ポスドク問題、展望と課題ウェブ公表用View more presentations from Eisuke…

5月16日発表資料

5月16日、シンポジウム 高学歴ワーキングプアの解消をめざして 〜学術の危機と若手研究者・ポスドク問題 に出席したので簡単にご報告。以下報道●“ポスドク”支援訴え提言 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100516/k10014473301000.html映像あり。すぐ消える…

理学系博士課程修了者のキャリアパス

科学技術政策研究所が重要資料を発表した。-調査資料-184 ―博士人材の将来像を考える―理学系博士課程修了者のキャリアパス 2010年 5月 文部科学省 科学技術政策研究所 第1調査研究グループ 三須 敏幸 袰岩 晶 茶山 秀一理学系のポスドク問題の現状を分野別に…

《シンポジウム》 高学歴ワーキングプアの解消をめざして 〜学術の危機と若手研究者・ポスドク問題

以下のシンポジウムに登壇することになった。《シンポジウム》 高学歴ワーキングプアの解消をめざして 〜学術の危機と若手研究者・ポスドク問題日時 2010年5月16日(日)13:00〜18:00 会場 明治大学・リバティホール 内容 ◆記念講演 ノーベル物理学賞受賞者 …

日本生態学会での発表資料

日にちは前後するが、3月19日、日本生態学会で講演させていただいた。 翌日にあった科学技術担当大臣での発表で言いきれなかったことを取り入れた発表になった。 以下資料。100322 生態学会 若手研究者のキャリア問題改変バージョンView more presentations …

総合科学技術会議 基本政策専門調査会 (第5回)資料公開

2月23日に開催された総合科学技術会議 基本政策専門調査会の資料が公開された。基本政策専門調査会 (第5回) 議事次第重要資料多数。第4期科学技術基本計画骨子(素案)(PDF)知識インフラの構築 国立国会図書館長 長尾真 大隅委員・野尻委員提出資料 1…

医学部VS理工系 twitterを通じて考えた

2月14日、インターネット上のミニブログtwitterで議論が起こった。きっかけは、藤沢数希氏の以下のような発言だ。 日本の知的能力の高い人がお医者さんや弁護士にどんどん配分されるのは社会的には大きな損失。起業して新しい価値を作り出したり、科学技…

分野別大学院の現状

参考資料2 中央教育審議会大学分科会 大学院部会(第48回)H21.11.18 大学院の現状について73ページにもわたる膨大な資料。人文科学、社会科学、自然科学、工学など分野別の大学院進学状況、進路状況、一人当たりのなどが掲載されている。現在の大学院の問…

朝日新聞記事 理系博士の就職進まず 国の「仲介」事業3年目へ

理系博士の就職進まず 国の「仲介」事業3年目へ早稲田大学の実践的博士人材養成プログラムが取り上げられている(私のともにも資料をお送りくださっている)。インターンシップ制度などを設けたが、あまりうまくいっていないという。その理由として、「ベン…

知識基盤社会を牽引する人材の育成と活躍の促進に向けて

[http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu10/toushin/1287788.htm:title= 知識基盤社会を牽引する人材の育成と活躍の促進に向けて]こちらも重要な資料。ポスドク問題に関する情報がよくまとまっている。知識基盤社会を牽引する人材の育成と活躍…

メディアに取り上げられた

12月5日の「ポスドクフォーラム」はしんぶん赤旗に、12月6日のノーベル賞受賞者じゃない研究者の緊急討論会は毎日新聞に取り上げられた。なお12月9日付の朝日新聞にも私の発言などが取り上げられるとの連絡をいただいた。 ポスドク支援拡充を 東京で集会 予…

国家公務員労働組合主催のポスドクフォーラム

2009年12月5日(土)、国家公務員労働組合ほか主催の「ポスドクフォーラム」に出席した。 非常勤講師の問題(大学非常勤講師の実態と声 2007)の発表もあり、また、真剣な議論が行われて、大変充実した会だった。労働組合の会だが、国民がどう見るかを意識し…

ポスドクフォーラムお知らせ

直前になって恐縮だが(今回は主催者の側の議論をすることを優先したいという意向もあり)、以下の会に参加することになった。時期的に非常にタイムリーだ。事業仕分けのことも含め、議論できたらと考えている。懇親会もあるとのこと。ポスドク・フォーラム …

第4回文部科学省政策会議(平成21年10月28日)

概要が公開されました。 第4回文部科学省政策会議(平成21年10月28日) http://www.mext.go.jp/b_menu/seisakukaigi/syousai/1286570.htm 【中川副大臣挨拶】 最先端の科学技術の現状を把握するため、研究所等に足を運んでほしい。また、勉強会を発足し、研…

博士は募集停止にすべき…衝撃の提言

職業としての大学教授 (中公叢書)作者: 潮木守一出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2009/10/11メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 66回この商品を含むブログ (16件) を見る著名な教育学者、潮木氏がいうのだから、説得力がある。こういうことをいう人…

人材を生かす投資

いまだ補正予算の見直し内容が発表されず、どうなるのか不明だが、10月7日発表という話もある。政府、補正見直し7日に公表=鳩山首相「一層の努力必要」 http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009100500563はたして留学や理科教育関連が見直されるのか、最…